健康な身体に生じる浮腫

健康な身体に生じる浮腫

Lapiel ラピエル

健康な身体に生じる浮腫だが、これは当然のこと。特に女の人は、夕方のふくらはぎの浮腫を嫌がるようだが、人ならば、下半身が浮腫んでしまうのは自然な状態なのであまり気にしない方が良い。女性たちが「デトックス」の虜になる理由の一つとして挙げられるのは、我々が暮らす環境が汚れていることにある。大気や土壌は汚され、野菜や果物などの食物には不自然に成長を促す化学肥料や有害な農薬が多くかけられていると言われているのだから無理もない。美白というのは、メラニン色素が薄く、より一層白い肌を重視したビューティーの価値観、又、このような状態の皮ふそのもののことを言う。大抵は顔の肌について使われる。ここ日本では、肌色が透き通るように明るくて淀んだくすみやシミの出ていない状態を理想とする感覚が以前から存在していて、「色の白いは七難隠す」ということわざがそれを裏付けている。ドライ肌の因子である角質細胞間脂質と皮脂の量の衰えは、アトピー性皮膚炎などの先天的なものと、老化現象や基礎化粧品や洗浄料による後天性の要素によるものに大別することができます。

 

中でも夜の10時〜2時までの240分の間は肌のゴールデンタイムで、お肌の生まれ変わりが一番活発化する時間帯です。ここで眠ることが一番効果の高い肌の手入れ方法だと思います。どうにかしたいとの一心で自己流マッサージをしてしまう方がいるようですが、ことさら目の下の表皮は薄くて弱いので、ただただゴシゴシと指を動かすだけのフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。なんとかできないものかという気持ちで自己流のフェイシャルマッサージをする方がいらっしゃいますが、ことさら目の下は敏感で弱いので、ただただ擦るように指を動かすだけのマッサージであれば止めておきましょう。ことさら夜の歯みがきは大切“蓄積くすみ”を取るため、夜間は丁寧に歯を磨くことをおすすめします。しかし、歯磨きは回数ではないので、1回1回の質を向上させることが大事なのです。美容外科(Cosmetic Surgery)は、体の機能上の欠損や変形を修復するよりも、専ら美意識に従って人の身体の容貌の向上を重要視する臨床医学の一種で、完全に自立している標榜科でもある。

 

「デトックス」術にリスクや課題はまったく無いのだろうか。そもそも身体に溜まるとされる毒とは一体どんな性質のもので、その「毒」は果たして「デトックス」の力で体外へ流せるのだろうか?爪の生産行程は木の年輪のように刻まれるものであるが故に、その時に健康面で問題がないかどうかが爪に表出しやすく、毛髪と同じように目で確認できて判断しやすいので健康のバロメーターとも言われる。「デトックス」という言葉そのものはさほど目新しくはないが、健康法や代替医療のひとつに過ぎないのであり、「治療」行為とは別物だとわかっている人は少ないらしい。日常的な寝不足は皮膚にどんな影響をもたらすのかお分かりですか?その代表格のひとつはターンオーバー(新陳代謝)の遅延です。健康なら28日単位である皮膚の入れ替わりが遅れてしまうのです。どちらにせよ乾燥肌が暮らしや周辺の環境に深く起因しているのであれば、日々のちょっとした身のまわりの慣習に注意すればだいぶ肌のトラブルは解消するはずです。